郡山市でおすすめの人材派遣会社を紹介!口コミで人気の業者を厳選しました。

派遣社員でも時短勤務は可能?時短勤務制度の詳細や条件を詳しく解説

公開日:2023/11/15  


時短勤務とは、通常の労働時間よりも短い時間で働く方法であり、子育てや介護を必要とする人々に特に適しています。しかし派遣社員は時短勤務ができるのか、要望がとおりにくいのではないかと思ってしまいますよね。そこで今回は、派遣社員でも時短勤務が可能なのかについて焦点を当て、詳しく解説します。

派遣社員でも時短勤務は可能!

時短勤務は柔軟な働き方ができる方法です。子育て中の女性を中心に、時短勤務を認めている企業も多数存在します。ここでは、派遣社員が時短勤務を利用できる方法について詳しく説明します。日本の法律で定められた条件を満たす限り、派遣社員でも時短勤務を利用することができます。

ただし、派遣社員が時短勤務を希望する際には、派遣先企業を選ぶ際にも注意が必要です。一部の企業は時短制度を採用していないかもしれません。したがって、時短勤務が必要な場合、時短制度を導入している企業を選ぶことが賢明です。自分の生活スタイルに合った企業を選ぶことで、仕事と家庭生活の調和を実現できるでしょう。

また、時短勤務は仕事以外の時間がつくれるため、プライベートが充実する・時間が作れる!というイメージが強いですが、プライベートの充実が結果的に仕事への活力や新たなアイデアにつながるなど、ビジネス面でのメリットも期待されています。

派遣社員でも時短勤務が適用される条件

派遣社員の時短勤務が認められるためには、一定の条件を満たす必要があります。申請の流れもあわせて紹介するのでチェックしましょう!

時短勤務の条件

派遣社員が時短勤務を利用するためには、以下の条件を満たす必要があります。

・3歳に満たない子を養育する労働者であること
・1日の所定労働時間が最低6時間であること
・日々雇用される者でないこと(日雇いではない)
・短時間勤務制度が適用される期間に育児休業をしていないこと
・労使協定(雇用契約書)により適用除外とされた労働者でないこと

上記の条件を満たしていれば、時短勤務が認められますが、求人に「時短勤務可」「◯時間未満」と書かれていれば、3歳未満の子どもがいなくても、時短勤務で働くことができます。病気や家族の介護などさまざまな理由で時短勤務を希望する方は、時短勤務が可能な勤務先を選び、交渉してみるとよいでしょう。また、条件の中に「適用除外とされた労働者」とありますが、これは、会社に所属してから1年未満、または1週間の所定労働日数が2日以下の労働者のことを指します。

つまり、派遣社員として週に3日以上、ひとつの会社の派遣社員として1年以上勤務していれば条件を満たすことになります。実際に働いている派遣先での勤務が1年に達していなくても、同じ派遣会社から別の派遣先で働いていて、合計して1年以上であれば適用されます。

時短勤務の申請

時短勤務を利用したい場合、まずは派遣元の会社と相談しましょう。派遣元は、派遣社員が時短勤務を希望する場合に、派遣先企業と調整する役割を果たします。勤務時間の変更には、派遣元と派遣先企業、そして派遣社員自身の合意が必要です。時給が減額されることはないため、安心して相談しましょう。

派遣社員が時短勤務で働くメリット・デメリット

時短勤務にはメリットもデメリットもあります。時短勤務を選ぶ前にどちらも理解し、整理しておくことで、働き方を見直したり将来設計に役立ちます。

時短勤務のメリット

・子育てや介護などの時間を確保できる

時短勤務を選ぶことには多くのメリットがあります。まず第一に、仕事と家庭生活の調和が図りやすくなります。特に子どもを育てる親や介護を必要とする家庭では、柔軟な勤務時間が大変ありがたいものです。

・生活の質が上がる

時短勤務なら残業や休日出勤などによる過度な超過勤務がありません。健康状態が不安定な場合や、他に仕事を持っている場合にも、時短勤務はストレスを軽減し、生活の質を向上させます。

・段階的にフルタイム勤務に移行できる

時短からスタートすることで就労への不安と負担を軽減できます。ブランクのある方や休職明けの方、障害のある方など、希望や体調を見ながら、短時間から少しずつ仕事に慣れて行き、段階的にフルタイム勤務を目指すことも可能です。

デメリット

・家族や周囲の人の理解を得られにくいことがある

時短勤務を選ぶ際、多くの人が悩みや誤解を抱くことがあります。一部の人は、給与の減少を心配するかもしれません。誤解を解くために、雇用主とのコミュニケーションが鍵となります。

・給与が少なくなる

当然ですが時短勤務を選ぶと、給与が減少します。そのため、生活するのに十分な収入が得られない可能性があります。しかし、この給与の減少は時間と家族との時間を取ることの価値に見合うものであると考える人が多いです。また、一部の企業では、時短勤務者に対する給与補償制度も提供しています。

まとめ

派遣社員でも時短勤務は可能です。時短勤務は仕事と家庭生活の調和を図るための強力なツールであり、法律で定められた条件を満たす限り、派遣社員も利用することができます。派遣社員として働く場合、派遣先企業の選択やコミュニケーションが成功への鍵となります。柔軟な働き方を実現し、充実した生活を送るために、時短勤務を活用しましょう。

おすすめ関連記事

サイト内検索

新着記事

郡山市で高時給案件を探している方にとって、どの人材派遣会社を選ぶかは非常に重要です。 この記事では、郡山市で高時給案件を提供するおすすめの人材派遣会社を3つご紹介します。それぞれの会社の特徴
続きを読む
派遣社員はライフスタイルに合わせた働き方が選べる点が魅力です。しかし、正社員やアルバイトと比べて待遇面で不安を感じることもあり、どの派遣会社に登録すべきか迷う方も多いはずです。 自分にあった
続きを読む
福島県郡山市は人口が比較的多く、生活に関連する制度が整っています。立地も素晴らしく、首都圏までは東北新幹線で約80分でアクセスできる距離です。交通網も充実しているため、いわば東北の拠点都市と
続きを読む