郡山市でおすすめの人材派遣会社を紹介!口コミで人気の業者を厳選しました。

郡山市への移住がおすすめな理由!

公開日:2024/05/10  

移住おすすめ
福島県郡山市は人口が比較的多く、生活に関連する制度が整っています。立地も素晴らしく、首都圏までは東北新幹線で約80分でアクセスできる距離です。交通網も充実しているため、いわば東北の拠点都市といっても過言ではありません。

さらに移住に最適で、物価が安いだけでなく移住制度や支援の充実、雪がほとんど積もらないというメリットがあります。ここでは、そんな郡山市が移住におすすめの理由について詳しく解説します。

物価が安い

福島県郡山市は物価が安いことで有名です。家賃の平均を近隣エリアと比べると、2,000〜40,000円ほど安くなっています。とくに東京23区と比べると、家賃は大幅に安いです。

東京23区の家賃平均は90,000円前後ですが、郡山市では44,000円前後と46,000円も安い結果となっています。福島県の他の市も家賃が安い傾向にありますが、南相馬市は46,000円前後、会津若松市は54,000円前後とやや高めです。

郡山市は近隣エリアよりも数千円ほど安く暮らすことができます。言うまでもなく、この家賃の安さは移住を検討する上で大きな魅力です。同じ条件の物件を東京23区で探すとなった場合、家賃は倍以上になるでしょう

福島県郡山市は物価が安いため、非常に暮らしやすい都市といえます。生活コストを抑えたい方にとっては、魅力的かつ移住におすすめです。

移住制度や支援が充実している

郡山市は移住制度や支援が充実しています。住宅建設等への支援制度や空き家再生・子育て支援などの住まいに関連する制度をはじめ、就職支援や移住希望者を対象にした交通費の支援などの仕事に関連する制度が多いです。

さらには教育や子育てに関連する支援も整っているため、移住後も安心して生活を送ることができます

住まいに関連する制度

郡山市をはじめとする福島県には、住まいに関する支援制度が充実しています。県民はもちろん、移住希望者には、さまざまな事業を通じて積極的な支援を展開しているのが特徴です。

とくに注目されるのは、住宅建設や改修に関する補助金制度です。福島県は新築や増改築をはじめ、住宅設備の設置を行う際に、住民や移住希望者へ向けて財政支援を提供しています。より良い住宅環境を手頃なコストで検討できるため、重要な制度のひとつです。

また、福島県内で一定期間住まいを体験することができる「来てふくしま体験住宅提供事業」では、県営住宅の空き住戸を利用して最大1年間まで暮らすことができます。費用は月額10,000円と負担が少ないため、郡山市の魅力を直接体験するには絶好の機会です。

空き家再生に向けた支援も充実しています。空き家・ふるさと復興支援事業では、県外からの移住者に対して空き家のリフォーム費用の最大190万円まで、また子育て世帯は最大230万円まで支援してもらうことが可能です。移住者にやさしいだけでなく、空き家を有効活用し、地域の活性化を図ることができるため、メリット尽くしの制度になります。

また、三世代同居・近居の促進のための不動産取得税の軽減措置や、新しい生活を始める家庭への経済的支援として、住宅購入や賃貸の初期費用、引越し費用に最大60万円の補助を提供する制度があります。

仕事に関連する制度

福島県郡山市は、仕事に関する制度も充実しています。市は移住者に対して充実した就業支援を提供しており、新生活をスタートするための心強いサポートを得ることが可能です。支援は非常に多く、就職機会の提供から職場環境の整備まで多岐にわたります。

「Fターン就職支援情報」は郡山市での雇用機会を探している移住者に向けた、総合的な支援を行う制度です。就職面接会をはじめ、求人情報の提供など、具体的な就業機会を提供しており、地元での就職を希望する人々にとって非常に価値のあるリソースです。

さらには福島県全域で7か所設置されている就労支援施設「ふくしま生活就職応援センター郡山事務所」を活用できます。ハローワークに並ぶ求人情報に加えて、独自で開拓した求人情報も提供されるので職探しを希望する移住者におすすめです。専任の相談員が個々の就労状況に合わせた親身なサポートを行い、ニーズに応じた就業機会を提供してくれます。

「ふくしま移住希望者支援交通費補助金事業」では、福島県内で就業するためにかかる交通費を一部補助し、移住に関する具体的なリサーチ活動を支援してもらうことが可能です。郡山市は移住者にやさしい制度を整えているので、新天地としては相応しい場所といえるでしょう。

教育や子育てに関連する支援

福島県郡山市は、教育や子育てに関する支援と機関が整っています。家族での移住にやさしく、子育てと教育環境に対する心強いサポートを得ることが可能です。また、郡山市で家庭を築こうとしている移住者も同様のバックアップが得られます。

郡山市内には小学校が52校、中学校が26校、義務教育を受けることが可能な学校が2校あります。さらに子どもたちの初期教育と保育を支える施設として、私立保育所が59施設、公立保育所が25施設、認定こども園が2施設、幼稚園が31施設あり、総計117の施設を選択肢にすることが可能です。

また、郡山市は教育と子育て支援に関しても充実したサービスを提供しています。「子育てサイト」を通じて「赤ちゃんが生まれたら」や「子どもの健康」などの情報を目的別、年齢別に提供しているほか、保育所の空き情報や児童手当などの詳細も確認できるのが特徴です。

独自の子育て支援制度も提供されており、社会全体での子育て支援の意識を高めることを目的とした「赤ちゃんニコニコステーション事業」や、新生児に記念品を贈呈する「ウェルカム赤ちゃん事業」、子育てに関する悩みや情報交換の場を提供し、親同士の支え合いを促進する「地域子育て支援センター事業」などがあります。

郡山市の子育て支援制度は、子どもだけでなく家族全員が快適に生活できる環境を提供することが目的です。

交通機関が整っている

福島県郡山市は、新幹線や主要道路を含む優れた交通インフラが整っています。新幹線を使用すれば、福島市までわずか約13分でアクセスすることが可能です。

市内にはJR東北本線をはじめ、JR水郡線、JR磐越東線、JR磐越西線を含む11駅が存在します。さらには福島交通株式会社が運行する132路線のバスを利用できるのが魅力です。郡山駅周辺には多くのショップやレストランが集まり、幹線道路沿いには大規模なショッピングモールも点在しています。日常生活に必要な買い物やレジャーにも便利な環境が整っているため、移住者でもすんなりフィットできるでしょう。

ただし、バスや電車の本数に限りがあります。移住を検討している場合は、マイカーがあると非常に便利です。郡山市が位置する福島県の中央部は、東北新幹線や東北自動車道、磐越自動車道が交差する交通の要所なので、マイカーがあると県内外への移動がスムーズに行えるようになります。

雪がほとんど積もらない

福島県郡山市は、東北地方に位置していながらも雪がほとんど積もりません。冬の寒さと積雪量に関してネガティブなイメージを持たれることがありますが、実際は雪に困ることがなく快適に暮らせる都市です。

郡山市の1月の平均気温は0.9℃で、最深積雪は約18cmとなります。2月に関しては1.4℃で積雪は15cm、3月に関しては4.6℃で積雪は8cmというデータがあります。4月以降はほとんど雪が見られず、気温が上昇するケースがほとんどです。

雪は比較的少ないですが、2〜3回の大雪はあります。したがって、一時的な積雪や路面凍結が発生することがあるため、マイカーを運転する際はスタッドレスタイヤを使用する必要があるでしょう。

しかし、一般的な東北地方の都市と比べると雪はほとんど積もりません。快適に暮らすことができるので、移住にはおすすめの都市です。

まとめ

福島県郡山市は物価が安く、さまざまな支援制度が充実しています。交通網も整っているほか、冬は積雪に悩まされる機会がきわめて少ないことから、移住には最適な環境です。

就職面でのバックアップも強力なので、安心して生活できるでしょう。

おすすめ関連記事

サイト内検索

新着記事

福島県郡山市は人口が比較的多く、生活に関連する制度が整っています。立地も素晴らしく、首都圏までは東北新幹線で約80分でアクセスできる距離です。交通網も充実しているため、いわば東北の拠点都市と
続きを読む
正社員と派遣社員の待遇面の格差は、長らく社会問題となっていました。しかし近年、同一労働同一賃金の原則が浸透し、格差の解消が進んでいます。この変化は派遣社員にどのように影響を及ぼすのでしょうか
続きを読む
近年、派遣という働き方が、ワークライフバランスの向上と充実感を追求する人に注目されています。この記事では、なぜ多くの人が派遣を選ぶのか、派遣として働くメリットなど、その理由を解説します。派遣
続きを読む