郡山市でおすすめの人材派遣会社を紹介!口コミで人気の業者を厳選しました。

派遣とアルバイトの違いとは?双方のメリット・デメリットを解説!

公開日:2021/12/01  最終更新日:2021/11/19

雇用形態としてよく耳にする、派遣社員とアルバイト。どちらも正社員とは違うということはおわかりかと思いますが、この2つの違いを説明できるでしょうか。これからの働き方について考えている方は、それぞれのメリット・デメリットを押さえて、どちらの雇用形態が自分に合っているかの判断材料にしてみてください。

派遣とアルバイトの違いはどこ?

大きく分けて、その違いは3つあります。まずは、その雇用形態が違います。アルバイトを始めたいと思った時、応募して面接を受けるというステップは、そのアルバイト先とやり取りするでしょう。雇用が決まれば、そのアルバイト先と契約を結ぶかたちになります。

ところが派遣社員の場合、雇用契約を結ぶ先は、勤務先ではなくて派遣会社です。もちろん給料も、アルバイトは働いている企業から支給されるのに対して、派遣社員は派遣会社から支給されることとなります。

さて、その給与2つ目の違いとなります。アルバイトと比べると、派遣社員の給料の方が高いことが多いです。なぜそうなるのかといえば、派遣会社が間に入っていることが大きな要因となっています。

アルバイトを雇おうと思ったら、すでに述べたとおり、企業が自ら募集をかけて面接を行わなければなりません。その広告宣伝費に加え、雇ったあとの研修費などももちろん企業側負担です。条件によっては社会保険にも入れる必要があるため、どうしても経費がかさみます。

対して、派遣会社から派遣社員を手配してもらえば、そうした採用にかかるコストも省くことができます。欲している人材とマッチする即戦力を派遣してもらえ、研修費もかかりません。ここでコストカットできている分、派遣社員の給料に回せるというわけです。

3つ目の違いは、雇用期間です。アルバイトでは、期間が決まっている短期のものもありますが、長期であればとくに雇用期間の定めはありません。ところが、派遣社員では必ず働く期間をいつまでと決めて、雇用に至ります。一般的なのは3か月、6か月という期間で、もし継続できるのであれば更新していくという流れです。

ただ、ずっと同じ派遣先で更新していくというのは叶いません。同じ派遣先・同じ部署にいられるのは、3年までと決まっています。これらが派遣社員とアルバイトの大きな違いになります。

派遣社員として働くメリット・デメリット

アルバイトよりも給料が高いというのはすでに出てきましたが、それ以外にも仕事をしていく上でのメリットが多くあるようです。たとえば、どんな仕事がやりたいか希望を汲んでもらえます

これだと自分がスキルアップしたい業務にも就けるうえ、派遣先が変わったとしても同じ業務を続けることもできます。自分のキャリアプランがある方は、このように仕事が選べるとよいですよね。

あとはやはり、派遣会社が派遣先選びを一緒にしてくれるのは、なんとも心強いものです。自分一人で仕事を探すよりも、手間も時間もかかりません。自分では見つけづらかった、条件のよい仕事も探してもらえるでしょう。

反対にデメリットとしてあがるのは、収入の不安定さです。確かに時給は高いのですが、いつ契約がストップしてしまうかというのはわからないものです。最長でも同じ派遣先・同じ部署では3年までしか働けないため、同じところで長く経験を積んでいきたいという人には、向かない勤務形態となります。

あとは交通費について、給与に含まれているということで、ほとんどの場合支給されません。出勤地がおうちから遠いと、その分給料は削れていってしまうということです。

アルバイトとして働くメリット・デメリット

アルバイトのメリットは、いつ働くか、どれくらい働くか、比較的自由に決められるというところです。この季節だけ、数日間だけなど、超短期間で働きたいケースも、アルバイトなら融通が効きます。

副業も可能なため、同時に複数のアルバイトをすることもできます。あれもこれも挑戦したいという人には、こういう働き方が向いているかもしれません。反対に、ずっとこの仕事をしていたいと思う場合でも、アルバイトなら有期の雇用ではないので、リミットなく働いていくことができます。

デメリットとしては、やはり時給が低いというのはあります。業務の内容的にも、責任を伴わない仕事を任されることが多く、ステップアップしていきたいという人には物足りなさが残るでしょう。

また、雇用の不安定性は、派遣社員と同じくデメリットとして上がります。経営が怪しくなれば、どうしても正社員より先にアルバイトから切らざるを得ません。安定した雇用・収入が必要な人には、おすすめが難しい雇用形態です。

 

2つの違いを踏まえて、どちらの形態がご自分に合っているでしょうか。高い時給や業務内容を重視するか、はたまた自由度の高い生活を取るか、それぞれに魅力があります。自分が今なぜ仕事を探しているのか、原点に立ち返って考えてみると、どちらがよいか自ずと見えてくるかもしれません。

おすすめ関連記事

サイト内検索

新着記事

多様な働き方がある現在、自分の将来設計やライフスタイルにあわせて働きたいという方もいるでしょう。今回は、女性が派遣で働くことのメリットについて解説します。また、派遣で働く際に取得しておきたい
続きを読む
さまざまな事情や自分の希望で、中学校を卒業してすぐに働きに出たという人もいるでしょう。そのときは最善の選択だったとしても、今現在選べる仕事の幅が狭いという悩みを抱えているかもしれません。そこ
続きを読む
派遣社員に年齢制限はありません。事実、派遣社員として仕事をしている人の割合のなかで、もっとも年齢層が多いのは40~49歳です。しかし、自分がやりたい仕事と派遣先が求めている人材がマッチしない
続きを読む
人材派遣関連コラム